悔いのないような墓じまいを行うにはどうすればいいか

墓じまい

悔いのない墓じまいをしよう

最近、墓じまいという言葉をよく聞くようになりました。少子化も影響して、墓守の継承者が減少していっているようです。いわゆる無縁墓というお墓が年々増加している昨今、無縁墓として撤去処分されるお墓は、たくさん人の遺骨と一緒にされる合祀墓というもので処分されるようです。その事を考えると、親族で話し合い、1番良い形で墓じまいをすることの方が先代への最低限の配慮かと思います。
とはいえ、親族での話し合いで揉める点はお金の問題です。納骨堂なども良い対策のように思えるのですが、その後の維持費がかかってきます。散骨や永代供養はその後の維持費がかからないので経済的な負担は軽くてすみます。とくに散骨は宗教が関係なく、無宗教だととくに選びやすい方法です。霊園やお寺の墓地管理者へ墓じまいの旨を伝えて事前に相談、連絡しておくことも大切です。そこから暮石を撤去する専門の業者さんを決めることもしなくてはなりません。
霊園によっては指定の業者さんが決まっている場合もあります。撤去作業をするにあたって重機が入ることもあるので立地や霊園の広さも影響してくることです。一度見積もりを出していただいたことがあるのですが、平米あたりで算出されていました。墓じまいは自分だけのことではなく親や親族の気持ち、先代への思いもあるので時間がかかっても揉めることなく、後悔することがないようにしたいです。

墓じまいをする上でのメリットとは

最近では少子化が進んでいて墓の後継者問題が社会問題になっています。それにより墓の維持や管理が出来なくなってしまい墓じまいをする人が増えてきています。墓じまいをするとあまり良くないイメージもありますが、メリットになる点もあるので最近では墓じまいを勧められる事もあります。そこで墓じまいをするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
・費用を抑える事が出来る
墓を管理して維持していくには年単位でそれなりの費用がかかってしまいます。最近では経済的に問題があって苦しい人もいるのでデメリットになってしまっています。しかし墓じまいをすれば墓を管理して維持していく必要を抑える事が出来るので経済的にメリットになります。特に生活するのに苦しい人は墓じまいを選択する事が多いです。
・寺院に気を遣う必要がなくなる
墓を管理して維持していく時は寺院にいろいろとサポートしてもらうので気を遣う必要がありました。それによりストレスが溜まってしまう事もありましたが、墓じまいをしれば寺院に気を遣う必要がなくなるのでストレスを溜めてしまう事がなくなります。墓じまいをするとこのようにメリットになる点がありますが、独断でしてしまうと家族間でトラブルになってしまうので相談してから行うようにしましょう。

墓じまいはこれから増加していくでしょう

最近は少子高齢化や世代の考え方の違いから先祖代々の土地を守ると言う風習も薄れつつあり墓じまいをする世帯も増えています。実家から近くのお墓まで通える人であれば墓じまいしなくていいのですが帰省ラッシュで数日くらいかかるような土地の場合はそうせざるを得ません。ですが墓じまいするのもそのままお任せにしてしまうとそれなりな金額がかかるので簡単に出来る訳ではありません。そして手続きがかなりありますのでそうならない様にする為にも業者にしっかりと話して取り組みたいですね。
最近では格安で出来リる業者もあり見積もりサービスも無料で出来るので今後墓じまいを検討している方であれば出来る限り早く取り組みましょう。お墓は見てくれる方が居なくなると無縁物として処理されてしまうのでお墓自体は無くなっても遺骨はせめて納骨堂などに移すべきですよね。冠婚葬祭で安く済ませると言うのは昔では考えらない事でありましたが結果が同じであれば何も問題無いと思います。自分の代でなんとか先祖から受け継いだものを別の形で守りたいと言う気持ちを墓じまいと言う形式で行う事で自分にとっても祖先にとっても良い方向になるので今後墓じまいは増加していくでしょう。

後継者がいない人におすすめの墓じまい

後継者がいないという人にとって、自分の死後にお墓参りやお墓の管理などをしてくれる人がいないことに対して不安を感じている人も少なくはないはずです。特に代々、一族のお墓を守ってきた人にとっては後継者がいないというのはとても深刻な問題です。
なぜならば、後継者がいない場合には自分の死後に定期的にお墓参りをし、お墓の管理をしてくれる人が途絶えてしまうことになるからです。そのような状況になってしまった場合、それまで継続的に続けてきた先祖の供養も途絶えてしまうことになりますし、後継者のいないお墓はいずれは無縁墓となってしまいお墓自体が撤去されてしまう結果になります。
ただし、自分の死後に後継者がいないという人であってもきちんとお墓の管理をし、先祖の供養を行える方法がないわけではありません。それは墓じまいをして永代供養墓や納骨堂に遺骨の引っ越しを行う方法です。墓じまいでは、埋葬されている遺骨を一度取り出し、新たに契約をした永代供養墓や納骨堂に埋葬し直すことになりますが、これには大きなメリットがあります。それは永代供養墓や納骨堂を管理するお寺に永代使用料を支払うことで永代的に管理や供養をお寺に任せられるということです。そのため、後継者がいない人が亡くなった場合であっても、お墓の管理や先祖の供養の問題を気にする必要がないのです。墓じまいについて考えてみて下さい。


お墓の解体や回収を丁寧に行ってくれるのです!美匠では墓じまいで悩んでいるお客様にとっておすすめの会社です!豊富な実績と、皆様からの多くのご評価をいただいております。 どうぞご安心してご用命下さい。

MENU

2017年07月05日
墓じまいを行う義務があるを更新しました。
2017年07月05日
墓じまいせざるを得ない理由についてを更新しました。
2017年07月05日
大切なお墓のことを考えた墓じまいを更新しました。
2017年07月05日
墓じまいの重要課題とはを更新しました。

PICK UP

墓じまいの重要課題とは

階段

私の実家は何代も続く地元の古い農家の本家です。お墓は実家近くの山林の中に、我が家から分家した同じ名字の墓地が複数あります。我が家はその本家にあたるので、お…

read more...

大切なお墓のことを考えた墓じまい

沢山のお墓

少子高齢化が深刻化しており、どの企業も後見人不足で悩まれているのですが、少子高齢化は他にも大きな問題を生み出しています。近所に荒れ果てた墓地がありませんか…

read more...

墓じまいせざるを得ない理由について

お参りする子ども

昔から代々受け継がれてきた墓も、受け継ぎ手がいなくなってしまったら撤去するより他ないです。昔は一つの家族に何人もいましたが、今はそうではありません。核家族…

read more...

墓じまいを行う義務がある

墓地

先祖代々受け継いだお墓が放置された状態になっている、高齢となってお墓参りに行きたくても行けない、などの問題を抱えているのであれば、墓じまいを視野に入れてみ…

read more...

TOP