悔いのないような墓じまいを行うにはどうすればいいか

墓じまい

大切なお墓のことを考えた墓じまい

沢山のお墓

少子高齢化が深刻化しており、どの企業も後見人不足で悩まれているのですが、少子高齢化は他にも大きな問題を生み出しています。近所に荒れ果てた墓地がありませんか。誰もお参りに来なくなり、草が生い茂り苔だらけになっているお墓も少なくはないと思います。実はこれらの多くは無縁仏となっており、お参りに訪れる者がいなくなったり、遠くに住んでいるため手入れに訪れることが出来なくなったりと、様々な理由によって荒れ果ててしまっているのです。後見者がいない、それはお墓にも言えることなのです。そのため、近年では大切なお墓を悲惨な状態にしないために墓じまいをされる方が増えています。墓じまいとは、先程も述べたような、墓を守る後見者がいなくなった場合などに墓を解体して撤去することを言います。放置されていたお墓を撤去し、更地に戻すまでの作業が必要になります。また、お墓に入っていた遺骨ですが、近年ではロッカー式の納骨堂も増えており、納骨堂で保管したり、自宅で管理するのが一般的となっています。保管が難しい場合は散骨などし、海や山へと返してあげ、遺骨を永久処分するという選択もあります。元々管理が難しいことから、遺骨は多くの方が散骨を選ばれます。

PICK UP

墓じまいの重要課題とは

階段

私の実家は何代も続く地元の古い農家の本家です。お墓は実家近くの山林の中に、我が家から分家した同じ名字の墓地が複数あります。我が家はその本家にあたるので、お…

read more...

大切なお墓のことを考えた墓じまい

沢山のお墓

少子高齢化が深刻化しており、どの企業も後見人不足で悩まれているのですが、少子高齢化は他にも大きな問題を生み出しています。近所に荒れ果てた墓地がありませんか…

read more...

墓じまいせざるを得ない理由について

お参りする子ども

昔から代々受け継がれてきた墓も、受け継ぎ手がいなくなってしまったら撤去するより他ないです。昔は一つの家族に何人もいましたが、今はそうではありません。核家族…

read more...

墓じまいを行う義務がある

墓地

先祖代々受け継いだお墓が放置された状態になっている、高齢となってお墓参りに行きたくても行けない、などの問題を抱えているのであれば、墓じまいを視野に入れてみ…

read more...

TOP