悔いのないような墓じまいを行うにはどうすればいいか

墓じまい

墓じまいを行う義務がある

墓地

先祖代々受け継いだお墓が放置された状態になっている、高齢となってお墓参りに行きたくても行けない、などの問題を抱えているのであれば、墓じまいを視野に入れてみてはいかがでしょうか。近年、様々な理由から墓じまいをされる方が増えています。自分の後には誰も跡継ぎがいないという方は早期に墓じまいに取りかかることをお勧めします。墓じまいをするということは、墓を撤去してしまうことであり、ご先祖様に申し訳ないと躊躇される方も実は少なくはありません。しかし、荒れ果てたお墓をそのまま維持していることは心苦しくないのでしょうか。もちろん、手入れに行かなくてはと悩まれていることでしょう。跡継ぎもおらず、最後の祭司継承者であった場合、祭司継承者がいなくなったお墓は無縁墓地と呼ばれるものとなり、いずれにせよ撤去されてしまうことになります。そうなると、大切なご先祖の遺骨は見ず知らずの人の遺骨と一緒にされて合祀墓へ行きになるのです。そうなる前に最後の祭司継承者が墓じまいを行う義務があるのです。墓じまいはお墓を撤去するだけではありません。お墓のなかにある遺骨をきちんも供養してあげることにもなるのです。墓じまいは長い時間をかけて行わなければならないため、無縁墓を作らないためにも早期に取りかかることが大切です。

PICK UP

墓じまいの重要課題とは

階段

私の実家は何代も続く地元の古い農家の本家です。お墓は実家近くの山林の中に、我が家から分家した同じ名字の墓地が複数あります。我が家はその本家にあたるので、お…

read more...

大切なお墓のことを考えた墓じまい

沢山のお墓

少子高齢化が深刻化しており、どの企業も後見人不足で悩まれているのですが、少子高齢化は他にも大きな問題を生み出しています。近所に荒れ果てた墓地がありませんか…

read more...

墓じまいせざるを得ない理由について

お参りする子ども

昔から代々受け継がれてきた墓も、受け継ぎ手がいなくなってしまったら撤去するより他ないです。昔は一つの家族に何人もいましたが、今はそうではありません。核家族…

read more...

墓じまいを行う義務がある

墓地

先祖代々受け継いだお墓が放置された状態になっている、高齢となってお墓参りに行きたくても行けない、などの問題を抱えているのであれば、墓じまいを視野に入れてみ…

read more...

TOP