悔いのないような墓じまいを行うにはどうすればいいか

墓じまい

墓じまいせざるを得ない理由について

お参りする子ども

昔から代々受け継がれてきた墓も、受け継ぎ手がいなくなってしまったら撤去するより他ないです。昔は一つの家族に何人もいましたが、今はそうではありません。核家族化や少子化がすすみ、子どもの数はどんどん減っています。そうすると墓の受け継ぎ手が誰もいなくなってしまい、最終的には墓じまいにする人も少なくないです。歴史ある墓を撤去してしまうのは、なかなかさみしいことです。しかし、現実問題として墓を管理する人がいなくなってしまえば、結局のところ放置することになってしまいます。それでは後々どうなるかわかりませんので、いっそのこと思い切って墓じまいしてしまったほうが良いです。特に田舎にある墓は、子どもが都会に出てしまうと墓じまいすることになりやすいです。田舎で生まれ育ったものの実家には帰ることがほとんどない、都会暮らしをしていて墓を管理しきれないという場合は、墓じまいの選択をせざるを得ません。墓じまいをするのも決して簡単ではありませんが、その後管理できないことを考えればしかたないです。墓を受け継ぐということは本来ならずっと続けていかないことなのかもしれませんが、現代社会では難しくなってきています。ですので、墓じまいすることも検討しなければいけないのです。

PICK UP

墓じまいの重要課題とは

階段

私の実家は何代も続く地元の古い農家の本家です。お墓は実家近くの山林の中に、我が家から分家した同じ名字の墓地が複数あります。我が家はその本家にあたるので、お…

read more...

大切なお墓のことを考えた墓じまい

沢山のお墓

少子高齢化が深刻化しており、どの企業も後見人不足で悩まれているのですが、少子高齢化は他にも大きな問題を生み出しています。近所に荒れ果てた墓地がありませんか…

read more...

墓じまいせざるを得ない理由について

お参りする子ども

昔から代々受け継がれてきた墓も、受け継ぎ手がいなくなってしまったら撤去するより他ないです。昔は一つの家族に何人もいましたが、今はそうではありません。核家族…

read more...

墓じまいを行う義務がある

墓地

先祖代々受け継いだお墓が放置された状態になっている、高齢となってお墓参りに行きたくても行けない、などの問題を抱えているのであれば、墓じまいを視野に入れてみ…

read more...

TOP